にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
『のんびり カメさん』 の日記
いよいよセカンドライフ突入! アミティでのあちこち放浪記と日常をつづっています。
プロフィール

のんびりカメ

Author:のんびりカメ
キャンピングカーAtoZのアミティでの~んびりあちこちお出かけの記録を中心にしたブログです。見かけたら声をかけてくださ~い。



最近の記事



メールフォーム



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



カウンター



ブロとも一覧


さいば☆しんの『安全家(アンセイエ)でくるま旅』

ラチョレ(LaChoLe)のブログ  『ZIL480Skipで Run~ラン~Run♪』

むさしウインドハーモニーの活動日記(大分・国東)

せんべいじいちゃんの日記



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



もうすぐひな祭り

もうすぐひな祭りですね。

久しぶりに孫娘に会いに行ってきました。

おひなさま 

一歳5ヶ月です。

 おみやげに最近我が町にやっと開店した「セブンイレブン」のトイレットペーパーを

もっていきましたが、得意げにイスにして座っています。

高さがちょうど合っていてピッタリでした。

とくいげ 

(4個入りのトイレットペーパーを計4セット無料でゲットしました。・・・トクしたな・・。)

 

 通勤割引での帰り道にSA山田によりました。

石碑があるので近寄ってみると・・・今まで気づかなかったのですが

夏目漱石の句碑がありました。

   漱石 句碑 

明治30年に熊本五高教授時代に久留米の「高良山」に登ったときのものだそうです。

筑後川流域には菜の花が一面に黄色の帯となっていて、その景色を詠んだ句との事です。

 のんびり暮らし初めてそれまで気がつかなかったものがちょっとだけ気づくように

なってきたようです。

 人生生活に余裕が必要なんですね。

 

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


スポンサーサイト

テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

道の駅 北浦

道の駅 《北浦》 です。
道の駅 北浦かんばん 

 www.michinoeki-kitaura.com/

道の駅 北浦かんばん2

大分県から宮崎県に入ったところにあります。

 北浦レイアウト

ここは物産館・レストラン「海鮮館」・ケビン、キャンプ場等があります。

 北浦イメージ

オートキャンプは3,600円(シーズンオフ11月~3月は3,000円)でAC100Vも完備だそうです。

(チェックイン15:00~、チェックアウト13:00まで)

12区画あります。目の前は海岸、釣り・海水浴・テニスなどに最適です。

トイレもキレイです。

道の駅 北浦トイレ 

ここの物産館で、『ささかま』と『鯛焼かまぼこ』を買いました。

北浦ささかま  北浦 鯛かまぼこ

のんびりリゾートにはぴったりの所です。

難点は少しばかりへんぴな所です。

福岡~4時間30分、鹿児島~5時間30分だそうです。


   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 かまえ

道の駅 《かまえ》 です。

道の駅 かまえ かんばん 

この道の駅は<新鮮>が名産 ・・・ と言うように魚介類がいっぱいです。

道の駅 かまえ かんばん2  道の駅 かまえ 1

『海鮮レストラン』はいつも混んでいます。

海賊焼;ヒオウギ貝やサザエ・伊勢エビなどを焼いて食べる。が人気です。(¥1,780円~ )

また、『ウニ重:¥2,630円』・『海鮮丼:¥1,050円』も人気です。

 水槽コーナーでは、地元で採れたヒオウギ貝・サザエ・アワビ・アサリ・伊勢エビなどを直売しています。

(ヒオウギ貝:ホタテの様な貝でオレンジ色・黄色などカラフルな色をしている貝です。)

ヒオウギ貝は¥110円で直売していました。

 特産物直売所<きらり蒲江館>では各種の開き・丸干しなどを直売しています。

安めのあじの開きを買い求めました。(小さめあじ7匹で¥500円)

 また、子供達の遊具も少しですがありました。

道の駅 かまえ 遊具 

また、近くに《マリンカルチャーセンター》があり2月~6月は『マンボウ』がプールで待っています。

 

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 やよい

《道の駅 やよい》です。

道の駅 やよい

ここな死海の湯(:死海の塩を溶かした温泉)があります。

昨年温泉に入りP泊したところで、温泉に入ろうと寄ってみました。

ところが午後2時過ぎだというのに、駐車場は満杯です。

 キャンカーなので大型車用駐車場に空きがあり止めましたが

非常に混んでいます。(駐車場は普通車195台)

道の駅 やよい 1 

農産物の直売所混んでいます。

道の駅 やよい 2

そして、オープンテラスが人気です。

(天気の良い日は気分良くリラックスできます。)

やよいオープンテラス1

やよいオープンテラス2  

また、子供達の遊具もいっぱいあります。

 そして、駅の隣は番匠川の河川敷公園もあり、ユックリ・のんびりできます。

こんでいるのは理由があるからですね。

 

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 佐賀関 関鯵関鯖

道の駅 《佐賀関》 です。

佐賀関 かんばん 

ここは、あの有名な『関アジ・関サバ』の地元です。

佐賀関 横断幕 

ここへ来た目的は当然『関アジ・関サバ定食』を食べるためです。

道の駅 佐賀関1 

道の駅<佐賀関>は小さな駅舎です。

 道の駅 佐賀関3

海辺にあり、下は公園(遊歩道)になっています。

道の駅のモニュメントです。

佐賀関モニュメント 

魚のおなかの上側に丸い形の観光案内です。

 ・・・・ それでは、メインイベント 関あじ・関さば定食です。

関あじ関さば定食 

くろめ入りみそ汁が付いて ¥2,100円です。

二人で別な物を頼みました。 あらの定食

鯛のあらに定食です。¥1,050円です。

 さすが、関さばはおいしかった。関あじはいまいちでした。

(玄海灘の玄あじ・玄さばと比べ玄あじの方が旨い と感じました。)

 

食後に下の海岸まで下りてみました。

佐賀関 海岸1 

岩の表面に小さな白い物が・・・・。

ちいさなサザエ 拡大すると さざえ拡大

ちいさなサザエがいっぱいです。

 また、薄い石が沢山落ちていました。

薄い石 1   薄い石 2

海岸の柱状節理(板状節理)の岩が割れて小石になったのでは・・・

 

上の道の駅に戻ると、車がいっぱいでした。

ここ道の駅佐賀関は<関あじ・関さばなどの食事>を目当てに来る人が多い様です。

駐車場は少し離れた所に第二駐車場もありますので、混雑時はそちらに駐車して下さい。

待つよりも確実で早く車を止め、食事にありけます。

 また、『クロメたこ焼き』もあります。お急ぎの場合はこちらが良いでしょう。

道の駅 佐賀関2 


  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

プチ改善

今日は春一番 が吹き荒れる・・・風速20m以上にビビリキャラバンを

中止しました。

 そこで納車以来そのままになっていたフロアマットを加工しました。

AtoZ納車のものを《フリーカットマット》に変更です。

¥1,480円也でした。

 50cm×150cmの大きさです。

普通車の時はメーカーの純正マットを敷いていたので、ホームセンターを捜したら

ハイエース用やカムロード用?のものしか無かったのですが、

自在にカットできるマットも売っているんですね。

AtoZの納車時のマットで輪郭をとりカッターで切断しました。

カーブははさみで切りましたが、思った以上に簡単でした。

作業時間は約30分です。

運転席周りがチョット改善されました。

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

道の駅 みずなし本陣ふかえ

道の駅 《みずなし本陣ふかえ》 です。

島原半島の麓、普賢岳の火砕流で有名な所です。

 みずなし本陣 かんばん

おおきなかんばんが出迎えてくれます。

みずなし本陣 かんばん2

ここの駅は<普賢岳の火砕流>被災家屋保存公園が併設されています。

 みずなし レイアウト

道の駅の全体で、右の方に被災家屋保存公園があります。

ふかえ全景1 

 普賢岳は今も土石流の跡が良く見えます。

普賢岳 

 これが『土石流で埋まった家屋』です。(そのままの保存です。)

火砕流跡 

 家が軒まで土石流に埋まっています。(移設保存したそうです。)

土石流保存公園 

1階は完全に埋まっています。

土石流(火砕流)の怖さ・ものすごさが実感できます。

 ドームで覆って保存していました。

火砕流慰霊の観音様もありました。

火砕流慰霊観音 

 

道の駅はけっこう大きな駅でした。

ふかえ 入り口付近 


近くの島原市にある 《島原城》 にもよりました。

 島原城

 天気も良くきれいでした。

島原城2 

 ( PS 島原半島はガソリンが高く、諫早市(島原半島付け根の位置)の方が5~10%安い価格でした。

  こちらにお出かけの際は諫早で燃料補給しましょう。 )

 

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 夕陽が丘そとめ

道の駅 《夕陽が丘そとめ》 です。

夕陽が丘かんばん 

        入り口におおきな案内が!

         夕陽が丘たてかんばん

夕陽が丘全景 

ここの道の駅は見晴らしが非常に良いところです。

配置図  

見晴らしは270°ぐらい海が見えます。角力灘(すもうなだ)に沈む夕陽は

とてもすばらしいそうです。

『夕陽がとても綺麗』に見えるすばらしい場所です!! 

鹿児島の『道の駅長島』も夕日が綺麗なスポットですが、

こちらの方がよりキレイに見えそうです。

 今度天気と相談しながらゆっくり来てみたい物です。

道の駅の広場にこんな<モニュメント>もありました。

         夕陽が丘モニュメント 


北西の方に島が見えました。

池島 

 小さな島にアパートらしい建物がタクサン建っています。

調べてみると 21世紀まで栄えていた炭坑の島「池島」だそうです。

池島炭坑・・・ 聞いたことがあります。最盛期は7,500人以上が採炭をしていた

そうですが、現在は約700人ぐらいだそうです。

(長崎には他にも有名な軍艦島などの炭坑の島があるそうです。)


道の駅のすぐ脇に『遠藤周作文学館』がありました。

   遠藤周作案内板  

ここは<沈黙>の舞台外海だそうで、「沈黙の碑」もあるそうです。

遠藤周作

遠藤周作文学館 

ここの道の駅はバイキングがあります。

ランチタイム AM11:00~14:00、ディナータイム 17:00~21:00です。

地元産のヘルシーな食事が21時まで味わえます。

    にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ    にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

長崎 浦上天主堂

 《浦上天主堂》です。

途中『83番霊場』の被爆したお堂がありました。

83番霊場   83番被爆写真

現在の復元された<83番霊場>です。
83番霊場 現在 

いよいよ<大浦天主堂>です。

浦上天主堂1 浦上天主堂2

ここでは結婚式をしていました。

浦上 結婚式 

被爆の説明板です。

被爆説明1 

こっちも大浦天主堂の被爆説明です。

被爆説明2 

被爆したマリア像です。(左は首が吹き飛んでいます。)

被爆の像 

次は 《坂本国際墓地》 です。

坂本国際墓地 

ここには『グラバーの墓地』があります。

グラバー墓地案内  グラバー墓地説明

これがグラバー墓地です。墓石の横にカタカナで墓碑銘が刻まれていました。

(正面は英語表記です。)

グラバー墓地 

ここ、坂本国際墓地には、各国の墓地があります。

ユダヤ人墓地

ユダヤ人墓地説明  ユダヤ人墓地

フランス人兵士墓地               ベトナム人墓地

フランス人墓地  ベトナム墓地

どうして「ベトナム人墓地」があるんでしょうか?

義和団事件の戦死者4名と長崎で病死したフランス軍艦の機関員5名の墓です・・・とありました。


 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

春? ですね~。

 暖かいので近所を歩いてきました。

もう春?とおもえるような暖かさです。

『ツクシ』が延びていました。

つくし 

          『ふきのとう』をみつけました。

                ふきのとう 

                今日の夕食に彩りをそえてくれます。

『ななほしてんとうむし』も暖かい日の光を浴びています。

ナナホシテントウ 

           『タンポポ』もあちこちで咲いています。

                  たんぽぽ

 ウグイスも鳴き始めています。もうすっかり春ですね!!

    にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

長崎 浦上地区(被爆地)

  長崎と言えば、被爆の浦上地区を見に行きました。

平和公園・一本足鳥居・浦上天主堂・坂本墓地などを回りました。

《平和公園》 平和祈念像と折り鶴の搭です。

平和祈念像  折り鶴の搭1

《被爆鳥居》 被爆で一本足になった鳥居です。

教科書にのっていた記憶があります。山王神社の鳥居でした。

被爆鳥居説明  一本足の鳥居

被爆前の鳥居です。

鳥居説明 

被爆で吹き飛んだ鳥居の残骸です。

鳥居残骸1  鳥居残骸2

《被爆クスノキ》 被爆したクスノキ;山王神社の木です。

被爆クスノキ 

このクスノキの生命力はすばらしものです。

クスノキ1説明  クスノキ1

クスノキ3  クスノキ2説明

現在は青々と元気に繁っていました。

クスノキ現在 

  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

長崎 出島

 長崎 といえば 《出島》 ・・・

 ということで出島にも寄りました。

出島案内 

江戸初期はここが長崎の先端だったそうです。

そこに人工の島を造りオランダ商館長などを押し込んでいた場所です。

出島外観 

入場料は¥500円、二人で千円でした。

カピタン部屋(オランダ商館長)です。

出島商館長 

他に乙名部屋(日本側の貿易事務・管理を担当する出島乙名の建物、

料理部屋、ヘルト部屋(商館次長)、一番~三番の蔵、などがあります。

また、シーボルトの里帰り植物園もありました。

 日本側と出島を結ぶ唯一の『表門』です。

出島表門  出島表門1

出島の神学校です。

出島神学校 

また、明治36年に長崎居留の外国人と日本人交流の場として

建てられた<長崎内外クラブ>の建物もありました。

旧長崎内外クラブ 

最後は『ミニ出島』です。15分の1の模型です。

ミニ出島 

 


出島を後に昼過ぎなので、有名な《四海楼》に行きました。

 

いろんな雑誌にも紹介されている有名店だそうです。

四海楼1 

四海楼2  四海楼3

お店に着いたのは1時過ぎでしたが、ものすごい順番待ちが・・・。

『30分待ち・・・・』とでていました。

予約リストに名前を書きまちました・・・待ちました。

 しかし、順番が回ってきたのは 約1時間強待ってからです。

一番人気の「チャンポン」と「餃子」・「杏仁豆腐」を頼みました。

味は長崎チャンポンの味で結構旨いものでした。

チャンポン 

上に「錦糸卵」がキレイに乗っています。(写真は食べかけたようとしたものです。)

値段もチャンポン¥980円、全部で2,992円と安く良心的なものでした。

 

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ  

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

長崎 大浦天主堂

 《大浦天主堂》にも寄りました。

大浦天守堂 かんばん 

拝観料¥300円です。

大浦天主堂 

『キリスト信者発見百周年記念碑』です。

記念碑 

パウロⅡ世の銅像もありました。

  パウロⅡ世 26聖殉教者

天主堂入り口の聖母像です。

大浦 聖母像 

ステンドグラスです。(入り口外から撮りました。)

  ステンドグラス 

途中の坂道に『絵本美術館』がありました。

絵本美術館 

絵本美術館全景 

おもしろい物は、<トルコライス>の説明が坂の中程の店にありました。

トルコライス 

(次回は出島)

    にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

唐人屋敷 ランタンフェスティバル

 長崎ランタンフェスティバル《唐人屋敷跡》会場です。

    唐人屋敷 

ここの会場は唐人屋敷の4カ所が会場でした。  

   唐人屋敷案内図

1.土神堂

   土神堂

2.天后堂

天后堂  天后堂1

3.観音堂

    観音堂

4.福建会館

   福建会館

ここでは『ロウソク祈願四堂巡り』ロウソクを灯して祈ると願いが叶う・・・

をやっていました。(当然有料なのでパスしましたが。)

近くに《孔子廟》があり行ってみました。

 孔子廟

ここは中国歴代博物館で入館料がとても高いので外観だけにしました。

    孔子廟入り口

孔子廟2  

屋根に龍がいました。

  孔子廟の龍

(次回は大浦天主堂です。) 

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

長崎ランタンフェスティバル 眼鏡橋

 今回は《眼鏡橋》で有名な中島川公園会場です。

眼鏡橋

ここのランタンだけの特徴が黄色のランタンです。

眼鏡橋説明 

ここの公園は『日本最古の石造りアーチ橋』を水害の破壊より移築した眼鏡橋を

中心と水辺の公園です。

眼鏡橋のアーチから眺める黄色のランタンの風情があります。

眼鏡橋2 

またここには有名な”ハート”の石が1個だけあり、恋人達が石を捜して

記念撮影をしています。

伝説の石 

石の場所はこの辺です。伝説の石場所

この公園には、《おしどり》や《ペガサス》がありました。

おしどり  ペガサス

ここでめずらしいものを見つけました。  『桃カステラ』です。

桃カステラ説明  桃カステラ

珍しいので買って食べてみました。甘くてとてもおいしかったですよ。

(次回は唐人屋敷会場です。)

    にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

長崎ランタンフェスティバル-Ⅱ

  長崎ランタンフェスティバルの『皇帝パレード』です。

皇帝パレード4  皇帝パレード1

皇帝に続いて皇后です。

皇帝パレード2 

特別ゲストにオリンピック・ソフトボールの<上野由岐子>ら3名もいました。

長崎新地中華街です。人出の多さがわかるでしょう!

長崎新地中華街 

中華街と言えば、・・・そう豚の頭です。

豚の頭 

さて、それでは《ランタン》の数々を!

金の牛1  金の牛

<鯉の滝登りと金の牛>です。

ランタン 1

金の羊もいました。

金の羊   ランタン 2

ポスター等で有名なものも!

ランタン 3 

ランタン 4  ランタン 5

こんな変わったランタンも!!

ランタン 111  拡大すると ランタン 111拡大

・・・・なんでもランタンにしてしまうんですね。

ランタン台1  ランタン台2

(中島川公園会場の眼鏡橋へ続く)

  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

長崎ランタンフェスティバル

 長崎ランタンフェスティバルが開催中です。

ランタンポスター 

1月26日から2月9日 ・・・ で行って来ました。

1月30日のPM11時に出発し、途中のSAでP泊です。

(ETC深夜割引ゲットの為)

そして「パーク・アンド・ライド」で県営野球場に駐車。

野球場2  野球場1

これで夜10時まで駐車料金¥600です。

 長崎の路面電車は全路線¥100円均一です。

しかし、乗ってみて山手線のラッシュなみの大混雑にビックリしました。

今日は《龍踊り》を紹介します。

普通は龍は一匹ですが、今回は2匹でした。

一匹は<十善寺龍踊会>ですが、2匹目は<鶴鳴学園長崎女子校>です。

 頭だjけでも15Kgはあるというのに女子高生が2匹目の赤い龍を踊らせます。

龍 青赤1 

普通の 十善寺龍踊会の龍は

龍 青 

              女子高生の龍は 赤色です。

               龍 赤 

一緒になって

龍 青赤 

TVで見るのとは迫力が違います。舞台狭しと約30分間踊りました。

 そうそう、一回踊ると舞台を後にして引っ込みますが・・・

アンコールのかけ声が『もってこ~い・もってこ~い』です。

観衆の大声で龍が再び舞台に出てきます。

 最後は花火と一緒で ・・・ 感動しました。

龍花火 

(ランタンフェスティバル 続く)

  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行