にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
『のんびり カメさん』 の日記
いよいよセカンドライフ突入! アミティでのあちこち放浪記と日常をつづっています。
プロフィール

のんびりカメ

Author:のんびりカメ
キャンピングカーAtoZのアミティでの~んびりあちこちお出かけの記録を中心にしたブログです。見かけたら声をかけてくださ~い。



最近の記事



メールフォーム



カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



カウンター



ブロとも一覧


くるま旅作家さいば☆しんの『ほったらかしブログ』

ラチョレ(LaChoLe)のブログ  『ZIL480Skipで Run~ラン~Run♪』

むさしウインドハーモニーの活動日記(大分・国東)

せんべいじいちゃんの日記



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



明日から9月

昨日は孫娘を迎えに行きました。 今週いっぱい家にいます。

もうすぐ2歳になりますが、『じいじ、おはよう』、『ばあば、おやすみ』 など少しは

おしゃべりができます。

  風呂上がり (湯上がりの孫娘です。)

 

迎えに行く途中、九州道で別府方面にいく《アミティ》を見かけました。

そして、プレタポルテ?も見かけました。

 やはりそろそろ行楽の秋が近づいているんですね。


我が家は温泉博士の9月号で3カ所くらいは無料入浴を考えています。

久住高原コテージ、山香温泉風の里、スパランド真玉・・・この位はすぐ行けそうです。

来週or再来週には行く予定です。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


スポンサーサイト
道の駅 耶馬トピア

 大分県中津市耶馬溪町にある道の駅です。

《道の駅耶馬トピア》 は青の洞門のすぐ近くにあります。

耶馬トピア  耶馬トピア

 ここの駅舎は小さいのですが奥に大きな建物が数棟建っています。

耶馬トピア レイアウト

耶馬トピア全景

奥を知らないとなんと小さな道の駅舎かと思うでしょう。

駅舎を見ただけで帰る人も結構いました。もっとなにか工夫しないと・・・と思います。

ここでは道の駅スタンプを押していなかったので、しっかり押しました。


次は近くの《青の洞門》に寄ります。(すぐ近くです歩いてもいけます。)

青の洞門全体

川沿いの一部空間にみえる部分が洞門と洞門の間です。

間近ではこんな感じです。

青の洞門1 (洞門の途中から)

青の洞門2  (入り口から)

ここは片側交互通行です。(信号機があります。)

 この洞門は【禅海和尚】が30数年をかけてノミで掘ったもので、地域の人々が山国川に

転落したりする惨事をなんとかしようと一人で掘り進めたそうです。

禅海和尚の像 禅海和尚石碑

 たまたま仏教修行中に通りかかり、30年もかけて洞門を342mも掘るなんて・・・すごいですね。

禅海和尚説明

青の洞門は耶馬溪の観光名所の一つです。

青の洞門駐車場

  駐車場です。山国側の向こう岸にもあり橋で行き来できます。(人間のみの橋です。)


 すぐ近くに耶馬溪橋(昨日のブログ)があり橋のたもとに有名なパン屋さんがあります。

小谷瀬パン 天然酵母パン 道向かいが息子さん夫婦の

天然酵母パンの店です。のんびり母は、ここで数種類のパンを買いました。

ここにはこんなかえるがいました。

さかえる  さかえる説明

このかえるは耶馬溪橋を渡る人々の安全と郷土の反映を願っているそうです。

 さて帰り道に洞門パティオがありました。

洞門パティオ 洞門パティオ全体

 農産物直売所です。

 しかしすこし行くとまた、 『耶馬農産物直売所』 がありました。

耶馬農産物直売所

こちらの方が正統な直売所のように思えて寄りました。

すると 耶馬のめぐみ

 『耶馬の恵み』の生産直売もしているそうです。 う~ん とうふですね~。

お取り寄せもあるそうです。 http://www.jaoic.net/ja/nakatu/page/touhu.htm

耶馬のめぐみ2  おいしそうな豆腐です。

耶馬のめぐみ丸とうふ  こっちはちょっと高い「丸豆腐(寄せどうふ)」です。

『耶馬の恵み』の黒ゴマ入り豆腐を1個だけ奇跡的に残っていたので、今夜の夕食用に買いました。

 おいしい豆腐でした~。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

耶馬溪の石橋

  大分県中津市耶馬溪にアーチ式石橋があります。

どれも現役で大型車以外はまだ通れるそうなので行ってみることに。

 アーチ式石橋は3カ所あるとのことです。

一番有名なのが『耶馬溪橋』通称オランダ橋です。

  オランダ橋全体

8連のアーチ式石橋で長崎県に多い石橋方式のため通称『オランダ橋』と呼ばれるそうです。

オランダ橋説明1

こちらは立派な説明です。(上のものと下のものがそれぞれ両岸にあります。)

耶馬溪橋説明

耶馬溪橋案内  結構若い女性が観光に橋を見に来ていました。

せっかく通れる橋なのでアミティにも渡ってもらいました。

オランダ橋とアミティ

(車が通行するのでなかなか旨い構図で撮れません。)

 次は『羅漢寺橋』です。

羅漢寺橋説明2

羅漢寺橋1 羅漢寺橋2

 ここは橋の両側とも撮影ポイントが無くアミティとの写真は撮れませんでした。

 次が『馬溪橋』です。

馬溪橋説明

この橋も普通車は通れるのでアミティとのショットです。

馬溪橋とアミティ2  馬溪橋とアミティ

(明日は耶馬トピアと耶馬溪町です。) 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


五木の帰り 道の駅きくすい

 五木村からの帰りは人吉経由の九州道です。

6Kmのトンネルを通り熊本県へ・・。

 時間も早いので<温泉博士>の入浴手形がある『道の駅きくすい』の菊水ロマン館に

寄ることにしました。

 途中のSAはほぼ満車状態でした。お盆のETC1000円効果はSA・PAの混雑を招いていました。

11時頃に<道の駅きくすい>着。 菊水ロマン館の温泉に入ります。

のんびり温泉に入りました。

 ここの道の駅でおいしそうな<ごま豆腐>と大きなメロンを購入しました。

大きなメロン  

最近手作りのにがり豆腐にはまっています。おいしさが違うんですよね~

温泉博士8月号  

初めて買いましたが、十分元を取りました。

温泉博士は定期購読した方がいいかな・・・。 で帰りに本屋さんに寄ることに。

 残念ながら最後の1冊が残っているだけでした。

 もう1冊はセブンアンドワイ ヤフー店で買うことにしよう。

(送料無料で近くのセブンイレブンで受け取れます。4~5日かかりますが。)

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


五木の子守唄

 (子守唄の里五木 つづき)

この道の駅には<子守唄の里>のモニュメントがあります。

モニュメント1  子守のオメージがあります。

モニュメント2  子守唄のイメージでしょうか。

他にも数点のモニュメントがありました。

 そもそも <五木の子守唄>とはこの地域の身分制度にもよるそうです。

『おどみゃかんじん かんじん おんしたちゃ よかし よかしゃ よか帯 よかきもん』

勧進・・・非常に悲惨な小作人(住人の大部分)、よかし・・・地主(金持ち)

ほとんどの人は着の身着のままで食べることさえ困難で家族ばらばらに出稼ぎ・奉公にいったりしたそうです。 しかし一部の金持ちは良い着物と帯、子守を雇い良い暮らしをしていたそうです。

戦後GHQが身分制度の解体を進めるまで勧進の身分の人々は悲惨な暮らしだったそうです。


この道の駅でよる驚くことがありました。

熊本Noのワゴン者が駐車場に着くや、テントを2張り設営し始めました。駐車場にです。

中年男性4名と女性2名が大声でテントを張り、車は駐車枠に直角に2台分のスペースです。

 おおっぴらにテントを2つも張るのを見たのは初めてです。

 (朝早くテントはたたんでいましたが、信じられない行動でした。)

通常見かけるのはエンジンをかけたままのP泊ですが、計4区画分を占拠するとは・・・・。


 朝の五木村は山間に雲も立ちこめていました。  

五木の朝1

五木の朝2  本当に山の中です。

標高800mですぐに谷川があり、昔は炭焼きで生活していたそうです。

 大雨の予報もあり、人吉まで戻り九州道経由で帰ることにしました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


道の駅 子守唄の里 五木

(お盆キャラバン 続き)

いよいよ国道445号線で五木村へ向かいます。

 

やがて山道になり道に隣り合う川が深い谷川になります。

 人吉から約1時間でようやく五木村に入ります。

五木村へ  小さな駐車場の公園がありました。

そこから見る谷川の大きさ・また深さに感動、いや子守唄を思いだします。

深い谷川

竹田の子守唄、大分宇目の唄げんか ・・・など山村の貧しい子供達が子守奉公にだされ

その悲哀を唄ったものです。(こんな事を知っているのはフォーク末期の世代ですね。)

 さて 《道の駅子守唄の里五木》 です。

 五木 1  五木 2

レイアウトです。 少し離れて道向に五木温泉(温泉センター)があります。

五木レイアウト

道の駅全体です。

五木全景2  五木全景1

道向に見える<五木温泉>です。

五木温泉遠景  五木温泉案内ポスター

物産館では、鮎の甘露煮を購入しました。

五木物産館

夕食前に<温泉>へ

五木温泉2 五木温泉足湯

足湯も大きく立派な建物です。

五木温泉1

すると・・・日頃の行いが良いのんびりカメ一行はなんと無料です。

五木温泉 無料 露天風呂リニューアルにつき本日のみ無料です。

ヤッタネ!!

これで夕食後にももう一度温泉にタダで入ることに決定です。(普通は大人¥400円です。)

(つづく) 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

アミティ 走行 20,000Km達成

<<緊急!!>>

お盆キャラバンの帰りに我が家のアミティが走行20,000Kmを達成しました! 

帰りの高速でまもなくとわかっていたので、カメラを準備していました。

帰宅約10Km手前の信号待ちであとちょっと!!

 青信号で走り出したら 【20,000Km】 です。

すぐ空き地を見つけて止めました。 記念写真をパチリ!

20,000Km

思い起こせば昨年8月11日納車より、年間5,000Km程度の走行かな~と考えていましたが

キャンカー入手による生活激変でした。

 じょじょにお出かけの範囲が広がり、金曜の夜に出発する事も身に付き

あっというまに10,000Kmでこれは走りすぎとお出かけをセーブしましたが

ほぼ1年で20,000Kmでした。 

 <これまでの途中経過>

 燃料費 200,930円 オイル交換 5回

 平均燃費 10.07Km/L

 道の駅訪問数 170 道の駅スタンプ数 159 

 道の駅入浴数 14

 道の駅スタンプ帳 九州、中国、関東、東北、中部、北陸 入手済み

今後は近場中心での~んびりキャラバンを増やしていこうと思います。

 (年間10,000Km程度が目標)

でもたまには遠くにもキャラバンします。(四国、山陰は絶対行くぞ!!)

 見かけたら気軽に声をかけて下さい。(小心者ですから。)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


道の駅 錦

”道の駅みなまた”を後に国道268号で一旦熊本県から鹿児島県に入り

国道267号線で熊本県にもどり人吉に向かいます。

人吉より国道219号を少し走ると錦町、 《道の駅 錦》 があります。

錦

にしき1

ここはそれなりに静かな道の駅です。

にしき全景

『にしき・蔵人公園』が隣接しており、散歩等もできます。

公園の銅像 にしき公園

剣豪『丸目蔵人佐』の像です。調べてみると

  新陰流の始祖 上泉伊勢守柳生石舟斎の弟子で、

  柳生石舟斎は柳生新陰流を、蔵人佐は丸目新陰流を名乗り

  東の柳生・西の丸目》 といわれた剣豪だそうです

 「それからの武蔵」にも宮本武蔵も遠く及ばず・・と書いてあるそうです。


この辺は 【きじ馬】 が有名です。

国号267号線の山の中におおきな”きじ馬”がありました。

きじ馬説明  

きじ馬  後ろの車と大きさを比べて下さい。

【きじ馬】は東北のこけしに匹敵する子供玩具だそうです。

おおきなきじ馬の実物は初めて見ました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 水俣

(お盆休みキャラバン続き)

 通潤橋より今年5月にできた 《道の駅みなまた》へ向かいます。

途中で道の駅竜北によります。

竜北  ここはくだものが美味しく梨が試食できました。

次々売れていき、補充され地域興しに相当貢献しています。

梨の試食は多分2個分ぐらい食べました。

 のんびり母が好物の【いちじく】を見つけました。

9個も入って¥200円・・・・とてもお安くなっています。勿論美味しいもぎたてです。

いちじく  即決で買いました。

甘く美味しい【いちじく】でした。

 次に寄ったのは、<道の駅たのうら>です。

ここで有名な【日奈久竹輪】を昼飯の友に買いました。

日奈久竹輪  (1本食べてからの写真です。)


いよいよ 《道の駅みなまた》 です。

水俣  みなまた

ここは広い公園の一部を道の駅登録したようです。

みなまたレイアウト  (左上の部分が道の駅です。)

道の駅物産館は『まつぼっくり』です。

みなまた全景  まつぼっくり

道の駅インフォメーションです。

まつぼっくり案内板 みなまた情報館1

ここに外部24時間トイレがありました。

みなまた情報館2

ここの観光物産館には”おみやげ”がたくさん売っていますが、甘党の我が家には

羊羹の種類の多さに驚きました。

羊羹 いちご 羊羹ブルーベリー

羊羹 すいか・かき ようかん バラ

 いちご、ブルーベリー、梅、すいか、柿、ばら、びわ・・・・。

メタボ対策でじっとがまんし購入しませんでした。(目の毒です。)

(道の駅 錦に つづく)

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

お盆キャラバン 其の四

いよいよ 《道の駅 通潤橋》 へ!

通潤橋0 

通潤橋全景  道の駅通潤橋の全景です。

ここでアミティと通潤橋のツーショットを!

通潤橋とアミティ1 道の駅の屋根の間からアミティと後ろに通潤橋です。

通潤橋とアミティ2  もう一枚!!

この通潤橋は大きいんです。 一部拡大すると人間の大きさはこんなに小さいんですよ!

通潤橋と人間

通潤橋も老化が激しく観光用の放水が一日1回になるそうです。

放水は見れなかったので、ポスターをでご覧下さい。

通潤橋ポスター1 通潤橋ポスター2


通潤橋を出発してすこし行くとまた大きなアーチの石橋がありました。

《霊台橋》です。  霊台橋全景   

 この橋は昭和41年まで現役でバスやトラックも通ってました。

日本一のアーチ式石橋だそうです。

霊台橋説明

こういった重要文化財はキャンカーの旅でなければ見逃すor気がつかないものです。

さて次は今年できた〈道の駅水俣〉訪問に向けてドライブを続けます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

 
お盆キャラバン 其の参

さて次は〈道の駅 清和文楽邑〉で道の駅スタンプです

熊本県山都町(九州のほぼど真ん中)にあります。

清和文楽邑1 清和文楽邑2

ここは物産館と文楽館があります。

清和文楽邑4

道の駅物産館です。  清和文楽邑3 

文楽邑全景 文楽館です。

駐車場には町村合併の記念碑があり、 文楽人形像

文楽人形をかたどっています。

トイレも文楽邑の雰囲気にあったものでした。 文楽邑トイレ

道の駅スタンプを押し、次に向かうのは 《道の駅 通潤橋》 です。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


お盆キャラバン 其の弐

 13日の夕方、青雲橋より今夜のP泊予定地《道の駅 高千穂》へ移動します。

道の駅青雲橋も高千穂も昨年の夏にアミティ納車後まもなく訪れていますが

道の駅スタンプには興味がまだ無かった頃で、押していません。

1年後にまた訪れて、道の駅スタンプを押すことが一つの目的です。

高千穂1 高千穂レイアウト

ここはちょうど1年前の夏に初めて遠出のキャラバンのルートでした。

思いで深い所です。高度が高いため、夜の暑さによる寝苦しさもなく快適でした。

道の駅高千穂

大きな高千穂伝説の女神像もそのままでした。

天うずめ1  天うずめ2

 そして道の駅スタンプを押し、温泉へいきます。

 昨年は天の岩戸温泉でしたが、今回は《高千穂温泉》にしました。

高千穂温泉1  高千穂温泉2

結構関東・関西の車も来ていました。 入浴料¥500円也でした。

 入浴後また道の駅に戻ります。

運良く昨年と一緒の駐車場一番端が空いていました。

高千穂とアミティ

翌朝、朝食後に隣を見るとアミティが来ました。

ビデオ撮影に忙しそうで、「おはようございます!」の挨拶だけでした。

アミティ ツーショット

さて、腹ごしらえも終えて、次の《清和文楽邑》に出発です。

 道路出口から道の駅全体が良く見えました。

高千穂全景

またそのうちに寄らしてもらいますね!

(つづく)

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


お盆キャラバン 其の壱

13日に避暑のキャラバンは高千穂方面へGO!!です。

10時に我が家を出発しましたが、国道10号線は別府にはいると渋滞しています。

やはりお盆の時期は混雑する・・・。

渋滞を避けるため別府湾SAよりスマートICで東九州道へ入りました。

米良ICで降りて、国道10号線~国道326号線を宮崎県・延岡方面に向かいます。

 昼頃に『道の駅みえ』が近くなり昼食を食べようと寄ってみました。

すると手作りとうふのお店がありました。なんとワンコインで昼食が食べられます。

みえ

手造りとうふ  豆腐

これは健康にいいし、なにより本物の《にがり》使用トウフです。

葉菜美  豆腐カツ

エビフライ定食(豆腐カツとエビフライが各2)で¥500円です。

本当に美味しい豆腐でした。(食べてから写真を撮って無かったのでメニュー写真を撮りました。)


 さあ、昼食の後は延岡方面へドライブです。

でも今日は途中で県道10号線を通ります。

道の駅宇目の手前を曲がって傾山に入ります。この先は『見立渓谷』があります。

(日之影町の渓谷・キャンプ場があることは知っていました。)

  やがて道が細くなり(1車線?)山道となりました。

しばらくいくと 木浦名水館 があり寄ってみました。

木浦名水館2  名水をわかした湯もあります。(¥420円)

木浦名水館3  名水をペットボトル(2リットル)4本ほど頂きました。

名水の流れ落ちる堀には大きな『鯉』が涼しそうに泳いでいました。

木浦名水館こい

この地区の歴史案内板を読むと 『木浦鉱山』 があったそうです。

木浦鉱山  日本4大銀山のひとつとして栄え、

数千人が働いていたそうです。ちなみに4大銀山とは ①佐渡、②但馬、③石見で木浦が④だそうです。

初めてこんな歴史を知りました。


 名水を頂いてまた山道を日之影へ向けて走ります。

名もない滝が数カ所ありました。 県道10号線の滝

そして山を登り切ったあたりで宮崎県に入りました。 脇を見ると山は雲がかかっています。

相当な高度です。空気も澄み切って涼しくすがすがしくなっています。

でもここから『道の駅 青雲橋』まで約40Kmが長い、細い山道のドライブとなりました。

 運良く名古屋ナンバーのBMWが抜いていきました。

山道なので道の駅まで休憩で抜いたり抜かれたりしながらのドライブです。

やっと2時間30分以上走って谷の上に橋が見えてきました。

青雲橋 下から  たぶん『青雲橋』です。 

山道(細く曲がりくねった)をアミティで約3時間運転すると、さすがにハンドルの回しすぎで腕が疲れます。

名古屋ナンバーのBMWとアミティがほぼ同じ速度で木浦から青雲橋までドライブですから。

 結局道の駅青雲橋にはアミティの方が早く到着しました。

青雲橋1  青雲橋3

 青雲橋2

青雲橋概要 高さ137m(水面から)です。

  『神話街道』の像が橋のたもとにありました。 青雲橋4

近くにまた橋がありました。宮崎県は山・谷が多く交通網整備が大変です。

龍天橋2 龍天橋

ほんと、東国原知事の言っていた宮崎県は道路が必要だ・・・がわかりました。

※ 神話街道

ひむか神話街道は宮崎を南北にはしる広域観光ルート。http://www.kanko-miyazaki.jp/kaido/

(お盆キャラバン つづく)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


お盆は山へキャラバン

13日より15日まで暑い夏はやっぱり山だよな~ ということで

高千穂~五木村までキャラバンに出かけました。

 09お盆キャラバンルート

四国一周 or 中国(山陰)を考えていましたが、豪雨と土砂崩れがあり、

急遽 未踏の五木村(五木の子守唄)に変更です。

九州道の駅で未訪問駅が(島は除くと)子守唄の里五木、錦、八代の3駅でした。

また、道の駅スタンプは青雲橋、高千穂、清和文楽邑、通潤橋も押していません。

(スタンプ帳を買う前に訪問したため)

 今回は、これら道の駅のスタンプを押すことと温泉に毎日入りゆっくりすることを目標としました。

<結果>

 道の駅スタンプ 7箇所(新規訪問駅 3駅)

   ①子守唄の里五木、②錦、③八代、④青雲橋、⑤高千穂、⑥清和文楽邑、⑦通潤橋

温泉 3箇所 二人合計 1,000円で入湯

 ①高千穂温泉、②五木温泉、③菊水ロマン館

これで訪問駅数が 170駅となりました。

しかし帰り道で 高速(九州道)が湯布院よりキリ通行止めで

由布院ICに出る(約6Kmの距離)渋滞で2.5時間もかかり、その上由布院から一般道となり

予定より約3時間遅れでの帰宅となってしまいました。

霧の高速  (高速の脇道:近道です。)

 真夏のキリ通行止めは余り記憶にありません。

 いったい地球はどうにかなってしまったんでしょうか?

このキャラバン記はすこしずつブログにアップしますのでお待ちください。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


道の駅 山内

 佐賀県武雄市にある道の駅山内です。 http://www.michinoeki-yamauchi.com/top.html

山内1 

この道の駅は以前道の駅スタンプを閉店間際に押しに寄りました。

ただ雨が降り、夕方で暗かったのでどんな道の駅だったか覚えていません。

 そこで明るい昼に寄ってみました。

山内2 山内3

別名『黒髪の里』と言うんですね。

山4  こんなモニュメント初めて知りました。

道の駅全景です。 山内全景1

山内全景2

売店は『黒髪の里』です。 黒髪の里

食堂が『なな菜』です。手前にあります。

伊万里なし  ここは伊万里に近く《伊万里梨》や

《すいか》なども売っていました。

 また、『黒米ソフト・しょうがソフト』が売られていました。

あまり変わっているので食べませんでしたが・・・。 黒米ソフト

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

 


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

七彩の湯

孫娘と汗を流すのにどこにしようか・・・と捜すと佐賀県武雄北方に

温泉がありました。

《七彩の湯》です。 http://www.nanaironoyu.com/

PH8.37で弱アルカリ性のナトリウム炭酸水素塩泉で、 

『美肌の湯』 としても有名です。

七彩の湯  美肌の湯

宿泊もできる大きな立ち寄り湯です。家族風呂もあります。

 七彩の湯レイアウト

『大浴場』・『露天風呂』・『打たせ湯』・『陶器風呂』・『桶風呂』・『五右衛門風呂』・『サウナ』・『足湯』

など盛りだくさんです。 入浴料は¥600円でした。

七彩の湯 本館

立派で大きな建物です。

無料休憩所の入り口も立派です。 無料休憩室外観

ここでは『大浴場』・『露天風呂』・『桶風呂』・『五右衛門風呂』等にゆったりつかり汗を流しました。

肌がしっとりスベスベして<美肌の湯>を堪能しさっぱりしました。

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

 


テーマ:九州のんびり旅情報 - ジャンル:地域情報

どんぐり村

孫娘のアミティ二日目は佐賀県三瀬村の 『どんぐり村』に寄りました。

   http://www.dongurimura.com/

(たまたま通りかかったので寄りました。)

どんぐり村1

ゲート1

ゲートの上です。 ゲート上

どんぐり村2  (駐車場からどんぐり村)

入場料は¥300円です。(子供4歳~中学生¥200円)

入場すると・・・    どんぐり村3

どんぐり村4  まず、《動物ふれあい広場》へ。

どんぐり村6  ファームレストランです。

ルベールショップ(売店)です。

パノラマ

ここの時計台は《からくり時計》で毎時右のように人形が出てきます。

からくり時計1  からくり時計2

 さて、ふれあい広場には、ミニホース・ミニポニー・ヤギなどがいます。

えさが¥100円で、ヤギは手からエサを食べます。

孫娘は手からエサをあげて喜んでいました。

 次は小動物の館です。

ここには、しまりす、モルモット、うさぎ、やぎ、ミニブタなどがいます。

やぎ1  ヤギ2

ふれあい広場で慣れたせいか、孫はヤギの頭をなでなでしていました。

 しかし、ここ”どんぐり村”は起伏が大きく汗びっしょりになり息もたえだえです。

ミルク工房に戻り、名物ソフトクリームを食べることにします。

どんぐり村5

ここで名物の”三瀬鶏”串焼きも試食しました。(¥650円)

---三瀬鶏:九州のブランド鶏です。ここの地名からでたブランド鶏と初めて知りました。---

 (のんびり母とまたひとつ物知りになった・・と喜んでいます。)

ここで急に雨が降ってきたので、娘の家に帰ることにしました。

孫は楽しかったようです。

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

 


テーマ:九州のんびり旅情報 - ジャンル:地域情報

虹の松原

 佐賀県唐津市の唐津湾沿岸に 《虹の松原》 があります。

鷹島の帰りに寄ってみました。

虹の松原1

   http://www.pmiyazaki.com/kyusyu/saga_nijino/index.htm

日本三大松原のひとつで特別名勝に指定されています。

日本の白砂青松100選、日本の渚百選、かおり風景100選にも選ばれているそうです。

虹の松原2

長さ4km、巾400~700mの広大な松原です。

虹ノ松原3 

 広さにも圧倒されます。(約240haもあるそうです。)

クロマツのトンネルを走る道は『日本の道100選』にも選ばれているそうです。

 本当に感動ものです!!

機会があれば一度クロマツのトンネルを走ってみてください。

 

   にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州のんびり旅情報 - ジャンル:地域情報

アミティ納車 1周年!!

昨年の8月11日に我が家のアミティは納車となりました。

1周年の感想等を!!

  走行距離 約19,240Km

  燃費  10.1Km

九州内はほとんど行きました。(熊本県の球磨川付近のみ未踏です。)

四国も2度、能登半島~新潟~福島~富士の朝霧高原(アミティズ全国オフ会)。

中国地方も鳥取県以外は行って来ました。

訪問 《道の駅 167駅》 、入浴道の駅 13駅です。

平坦地ならバス・トラックも追い越せます。(Max120Km迄はなんとかでます。)

でも登坂はあっという間にスピードダウンして行きます。

(登り4%以上では70~60Kmまで自動的にスピードが落ちてしまいます。)

 一般の普通車では、ちょっとした坂を感じませんが、非力なキャンカーは

坂になるとスピードが落ちるのですぐ分かるようになりました。


 また、宿泊予約が不要の為、好き勝手に行き先を決めたり・変更したりできます。

知らないところで新発見をしたら、すぐに予定変更で寄ってゆけます。

その為、こんな所にこんな物が(余り有名でない名所や史跡など)を見つけて訪ねる

事が結構ありました。 山口の瑠璃光寺五重塔はたまたま案内板をみて寄り道をし

こんな歴史のある五重塔の存在を知り、美しさに感動しました。

また、出水の鶴はキャンカーが無ければ見に行こうなどと考えもしなかったでしょう。

  我が家の場合、ライフスタイルが激変しました。

セカンドライフを考えたとき、すばらしい生き方のひとつだと思います。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
ハウステンボスへ

久しぶりにハウステンボスへ行きました。

孫娘(1歳10ヶ月)の アミティ 初デビューです。

孫デビュー エントランスには、やっとレースのカーテンを付けました。

駐車場が混む前にと、早めに出発しました。到着は開場前です。

おかげで一番近くに止めました。(キャンカーはバスの駐車エリアに止めます。)

 入場して、まずテディベアキングダムへ!

ベア1 ベア2

ママと一緒です。

ベア3  ベア4

バアバは、外で待ってます。(入場無料が2名までの為)

 外で記念撮影です。

くまさんと  うしさんと

牛さんと記念の”チュー”です。

 すると運河に『カブトガニ』がいました。自然のカブトガニが泳ぐの見たのは初めてです。

カブトガニ

バアバと散歩です。

ハウステンボスにて

白鳥さんがいました。 白鳥と

メリーゴーランド  メリーゴランドに乗りました。

この後あまりの暑さに午後は温泉で汗を流すことにしまいた。

温泉後に着替えて”初めてのアミティ泊まり”です。

お泊まり  みんなで楽しくお泊まりしました。

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

 


鷹島モンゴル村 勝利の鷹像

 鷹島には《モンゴル村》があり、モンゴルから運んできたゲル(移動式住居)に

宿泊でき、温泉もあるそうです。

その上鷹島肥前大橋の開通(4月18日)で入村料も4月1日より無料になりました。

http://www.gourmet-takashima.com/enjoy/sightseeing01.html

温泉は『温泉博士』でタダです。 ・・・ということで<道の駅鷹ら島>に寄った後行きました。

モンゴル村1

ここには宿泊用ゲル、温泉、ふれあい動物等の他に『ソフトバンクホークス』と

タイアップしたホークスアイランドの象徴『勝利の鷹』石像があります。

 まずは<ゲル>です。 見学用ゲルが2つあります。

ゲル  見学用ゲル

内部は4名まで寝れますが¥12,600円(3~4名)食事別です。

ゲル内部  ベッドが4つとTV,エアコンまでありました。

モンゴル生活館です。半分はレストランでバイキングとなっています。

レストラン

いよいよ『勝利の鷹 石像』です。

鷹の石像 

左に<守鷹>、右に<攻鷹>の石像です。

必勝の文字は『王貞治』と記されています。

 せっかくなのでアミティと記念写真を!

鷹とアミティ

今夜はここでP泊しました。 静かで涼しくとても良いところでした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州のんびり旅情報 - ジャンル:地域情報

道の駅 鷹ら島

鷹島は長崎県ですが向かいの陸地は佐賀県です。

今年春の4月18日に『鷹島肥前大橋』が開通し陸続きになりました。

橋のたもとに 《道の駅 鷹ら島》 ができました。

 鷹島に近づくと『鷹島肥前大橋展望広場』があります。

大橋展望所 展望広場1

ここはトイレ・売店があり、ミニ道の駅のようでした。

ここから 『鷹島肥前大橋』 が一望できます。

鷹島肥前大橋 

いよいよ大橋をわたります。

肥前大橋2  鷹島肥前大橋4

この橋は”斜張橋”です。


いよいよ<道の駅 鷹ら島>です。

 鷹島  鷹ら島1

鷹ら島2

ここの道の駅は”ふぐ”の石像が沢山ありました。

ふぐの石像

この鷹島は石工の島・ふぐの生産日本一だそうです。

石工の島

両方のモニュメントとして”ふぐの石像”を道の駅に作ったのでしょう。

鷹島とアミティ

久しぶりに、アミティの記念写真をパチリしました。

 

  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅田野 焼きいもソフト

 宮崎市の少し南西方向にある道の駅です。

宮崎道 田野ICよりすこし南に行ったところにあります。

《道の駅田野》 は山間にはいり橋を渡ると見えてきます。

tano

レイアウトです。 田野レイアウト

道の駅はこじんまりとしています。 田野全景

ここの名物は『焼きいもソフト』だそうです。 焼き芋ソフト

道の駅売店は 《ふれあい牧場》 です。

 ふれあい牧場

そして食事処は 《柿の木茶屋》 です。 柿の木茶屋説明

柿の木茶屋  『そば、うどん』 がおいしいそうです。

これで宮崎・鹿児島 道の駅巡りキャラバンは終了です。

訪問駅数 166駅 となりました。 

 

  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 高岡

 宮崎市に近い宮崎西IC近くにある道の駅です。

ICを降りてすぐの国道10号線沿いに 《道の駅高岡 ビタミン館》 があります。

高岡 

ビタミン発見者の『高木博士』の地元です。    ビタミン館

それで付けた名が”ビタミン館”です。

高岡レイアウト  レイアウトです。 

高岡ビタミン館  ここにも「東国原知事」が!

高岡全景

ここの道の駅は二度目です。

 学校給食ランチの食堂は評判が良く独立してしまい、

現在は売店(地場産直品)のみとなっていました。

 ここは”道の駅スタンプ”をおして早々に後にしました。

 

  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

飫肥城 (宮崎県)

宮崎県の日南<道の駅酒谷>の近くに『飫肥城』があります。

道の駅の帰りにチョット寄ってみました。

すると予想以上に雰囲気の良い城下町でした。

obi no  橋のたもとはお城のデザインです。

駐車場のトイレもこんなしゃれたデザインです。 飫肥トイレ

  有名な『四半的射場』です。

四半的 四半的射撃

ここは”座ったまま弓を射る”でTVでは見たことがありましたが、本当に狭いスペースです。

次が 《おび天茶屋》 です。

おび天茶屋1

おび天茶屋説明 とても古く歴史がありそうです。

大手門  料金所

料金所です。少し遅かったので中には入れませんでした。

いよいよ飫肥城です。 飫肥城1

飫肥城2 有名な大手門です。

そして城内です。 飫肥城3

歴史を感じます。お堀です。(水はありませんでした。)

飫肥城空堀2  飫肥城空堀1

城下町が衣までも残っているそうです。

飫肥城下町  

時間のあるときに散策するのに良い場所でした。

 

 にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州のんびり旅情報 - ジャンル:地域情報

フェニックスの朝

宮崎のフェニックスで迎える朝はすばらしい・・・と聞いたので

ここの道の駅でP泊しました。

朝のフェニックス1

日向灘より登る太陽を眺めながらのんびりゆったりと朝のお茶を飲む・・・。

朝のフェニックス2 朝のフェニックス4

朝のフェニックス3 フェニックスのんびり

すばらしい・・・ゆったりした時間が過ぎてゆきます。

  しばらくのんびりした後は、下に見える<鬼の洗濯岩>まで行ける・・・ので

行ってみました。

下の海岸 鬼の洗濯岩

この看板をみて決めました。(これが失敗の元?) 

 案内看板  ブーゲンビリア

下りてゆく小径ぞいには<ハマユウ>がキレイに咲いています。

はまゆう

まずはゆっくり下りてゆきました。

下への注意  途中でこんな注意書きを見ましたが・・・。

途中でカニが沢山いて、人間を見ると逃げていきました。

下の海岸は波に削られた鬼の洗濯岩が露出していました。

結構柔らかめの岩(石)です。石と石をこすり合わせると、すぐ両方とも削られます。

 休憩後いよいよ登りです。

高度差が結構あり、階段も大変です。(この段階でのんびり母は下りたことを後悔しています。)

やがて、バナナの花を見つけました。

バナナの花  この花の元のほうにバナナが実ります。

べつのバナナは結構実っていました。

バナナがいっぱい  バナナ1

登りはバナナの茂みでジャングル状態です。

 植物園ではありません。普通の海岸に下りる小径です。

 さすが『南国フェニックス』です。

 ここでのP泊は大正解でした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州のんびり旅情報 - ジャンル:地域情報

道の駅 フェニックス

  いよいよ宮崎県のほこる 《道の駅フェニックス》 です。

フェニックス

ここは国道220号線の道路が新しくなり旧道沿いの為静です。(?)

道の駅フェニックス

2Fがレストラン、3Fが展望室になっています。

フェニックスレイアウト

道の駅の両側に駐車場があり、目の前が<日向灘>です。

道の駅フェニックス2 日南海岸国定公園内で昔は新婚旅行のメッカだったそうです。

フェニックス全景 結構他県からも来ています。

道の駅売店はこれでもかと「宮崎土産」が売られています。

宮崎土産1 宮崎土産2

宮崎土産3  全て『東国原知事』の似顔絵付きです。

ここではマンゴーは高くて買えないので替わりに《パパイヤ》を買いました。

パパイヤ  

とっても甘くて美味しかったです。

 ソフト  また、8月末まで<宮崎県の道の駅スタンプラリー>

をやっていて、道の駅スタンプ4カ所と売店でのお買い物スタンプ1個

ソフトクリームが無料でゲットできます。

我が家は2個無料でゲットしました。

『アップルマンゴとこだわりバニラ』にしました。

どちらも美味しく頂きました!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 酒谷

 宮崎県の日南市に <道の駅酒谷> はあります。

酒谷

ここは山の中の道の駅です。

酒谷全景

レイアウトです。

酒谷レイアウト

入り口におおきなモニュメントがあります。

酒谷モニュメント  モニュメント-S

 近くの”飫肥城”のイメージに合わせた物です。

モニュメント説明 

 「やっちみろかい酒谷」という地域づくりグループが作ったそうです。

道の駅酒谷  道の駅売店です。

中にはこんなものも売っていました。

店の中 

 なんと『干支の木の葉書』までありました。

 近くには有名な 《坂元棚田》 があるそうです。 坂元棚田

ここでもソフトを食べちゃいました。 ソフト垂れ幕

 ソフトの食べすぎかな?

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報

道の駅 なんごう

  宮崎県の都井岬近くにある 《道の駅なんごう》 です。

なんごう

<憩いと語らいのパーキング>がこの道の駅のキャッチフレーズです。

ここは鹿児島県境に近く、見たとおりの南国風景です。

なんごう全景

太陽の贈り物マンゴーフェア開催中でした。

なんごうレイアウト

道の駅の入り口はこんなガーデンをくぐり抜けていきます。

なんごう入り口 

 このアーチをくぐりぬけると道の駅の建物(売店)が待っています。

道の駅なんごう

”なんごう”産の果物・やさいを売っていました。

産直販売  デコポン

ここは道の駅フェニックスよりも南にあります。

地図

風景も暑さも南国でしたのでここでもマンゴーソフトを食べてしまいました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ   にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ   にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


テーマ:九州道の駅 - ジャンル:地域情報