にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ
『のんびり カメさん』 の日記
いよいよセカンドライフ突入! アミティでのあちこち放浪記と日常をつづっています。
プロフィール

のんびりカメ

Author:のんびりカメ
キャンピングカーAtoZのアミティでの~んびりあちこちお出かけの記録を中心にしたブログです。見かけたら声をかけてくださ~い。



最近の記事



メールフォーム



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



カウンター



ブロとも一覧


くるま旅作家さいば☆しんの『ほったらかしブログ』

ラチョレ(LaChoLe)のブログ  『ZIL480Skipで Run~ラン~Run♪』

むさしウインドハーモニーの活動日記(大分・国東)

せんべいじいちゃんの日記



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



富岡製糸場へ
今日も暑い一日です。水分をこまめに取って、熱中症に注意しましょう。
特に我々のようなシルバー世代の方は。

では7/28の碓氷峠からの続きです。

横川駅で峠の釜めしを食べて、次は『富岡製糸場』へ
世界遺産 
こんな新聞記事のカラーコピーが貼ってありました。

これは寄っていくべきでしょう!

まずは途中の道の駅で休憩します。
『道の駅 みょうぎ』です。
みょうぎ 1 

みょうぎ 2 
ここは妙義山への登山者が多いようです。
駐車場には山から下山してきた人々が沢山いました。
しかし妙義山は初めてみましたが、素晴らしい山ですね!

みょうぎ 3 トイレ 
こちらがトイレです。
増築?工事を脇で行っていました。


さて休憩後、いよいよ世界遺産候補の『富岡製糸場』へ!
明治政府が殖産興業の為に、輸出で外貨を稼ぎだすため良質の生糸を生産する
モデルの官営工場を富岡に作ったものです。
富岡製糸場 1 

富岡製糸場 2 
駐車場は近くに整備されていますが、隣接してはいません。

表示に従って駐車場へ。
ところが駐車場は高さ検知方式で、バス料金になるそうです。
でも係の親切なおじさんが、普通車料金になるように「まちなか交流館」まで連れて行って
くれました。ちなみにバスは1回2000円、普通車は100円/30分で最初の30分は無料です。

富岡製糸場は入場料500円で、ほぼ30分ごとに現場案内と解説があります。(約30分)
開場時間は9:00~17:00です。

富岡製糸場 3 

富岡製糸場 4 
ここは明治5年に開設されました。

富岡製糸場 5 
ここは「繭倉庫」です。
石を積み上げ、国産のレンガで作っています。
 
富岡製糸場 7 
ここの倉庫は冬の空っ風で乾燥させる窓が沢山付いています。

富岡製糸場 6 
「繰糸場」です。ここで繭から生糸を取り出していました。

富岡製糸場 8 
この内部は柱のない作りです。ここに繰糸機を設置し300名の女工が働いていました。

富岡製糸場 9 
「女工館」です。

富岡製糸場 10 
「検査人館」です。 フランス人の検査人用に建設されたが、完成前に帰国して検査人は
住んでいないそうです。

富岡製糸場 11 
「西繭倉庫」です。

富岡製糸場 12 
ボイラーの煙突が一番建設で大変だったそうです。

富岡製糸場 13 

富岡製糸場 14 
今でも戦後?の生産目標を書いた板が置いてありました。

一部のガラス等を除き、全て国産材で建設した建物で、横浜の造船所と
比べ建設費は1/10程度だったそうです。
太い柱は近くの神木を切り出して使ったそうです。

また当時の指導者ブリュナは総理大臣の給料800円に対し750円と高額
だったそうです。

歴史を感じさせる建物です。いつまでも残してほしいですね。
また世界遺産の申請が承認されるといいですね。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
  にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ  にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ

バナーをクリックすると、日本ブログ村のポイントが入ります。
ブログ更新の励みになりますので皆さまのポチをお願いしま~す。

スポンサーサイト

テーマ:関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報 - ジャンル:地域情報


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nonbirikamesan.blog17.fc2.com/tb.php/1489-14def612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)